Home

menu_snowmenu_soilmenu_seis

雪氷(せっぴょう)・地盤研究室は、土木・建築の両分野から北国特有の諸問題を解決する、構造・技術コンサルタントです。雪氷、地盤、木造耐震の3つの専門性を有し、総合的な視点から技術検討を実施することが可能です。北海道は上富良野町を拠点に、旭川〜美瑛〜富良野およびその近郊を中心に活動します。

一般のお客様

雪氷・地盤研では、屋根からの落雪や庭の擁壁が越境することによる近隣トラブル、雪や寒さが原因で起こる雨漏り、建物の歪み、沈下などの問題を解決するため、ご自宅に伺って現地調査を行い、多くの実績をもとに対策案を検討、ご提案いたします。
また、築年数の古い木造住宅(特に昭和56年以前に完成したもの)の耐震性について、一般診断法から精密診断法(より緻密な検討を要する)まで実施することが可能です。

土木・建築工事関係者、構造設計者のお客様

雪氷・地盤研では、寒冷地特有の雪害・凍害条件を考慮して、基礎工事、杭工事、地盤改良工事、液状化対策工事、山留め(土止め)工事などの技術的なVE・CD検討を承っております。地盤調査結果の正しい解釈と、適切な検討方法の選定によって、大幅なコスト削減・工期短縮が実現できる可能性があります。
また、土工事中の急なトラブルなどにも、ご連絡をいただければすぐにお伺いして対策を一緒に検討させていただきます。