北海道における大地震の可能性

6月26日に、地震調査研究推進本部より「全国地震動予測地図2018年版」が公開されました。

主に道東地域を対象として、今後30年内に震度6弱以上の強い揺れが発生する確率が昨年度までの数値より高められています。

img_ref_suihon2018

画像引用:確率論的地震動予測地図/地震調査研究推進本部

ただし、この地震発生予測の確率には注意が必要です。

地震発生予測の確率は、数学的な確率・統計処理と、過去の大地震の観測記録、現時点で判明している断層等を基に計算されています。したがって、その計算途中に多くの仮定を含み、過去に大地震が記録されていない地域では必然的に確率が低く見積もられることになります。

発生予測の確率が低いからと言って、現実に大地震が発生しないという保証はありません。

地震発生予測の数字に惑わされることなく、常日頃より震災に対する十分な備えが必要です。