平成30年北海道胆振東部地震と液状化について

IMG_7092_RIMG_7118_R

2018年9月6日午前3時7分に発生した、平成30年北海道胆振東部地震についての情報が各研究機関および学会から報告されています。9月中旬の時点では、震源となった断層と、既知の活断層との関連性については明確に結論付けられていません。

本震災では、一部地域での液状化による被害がメディアに大きく報道されましたが、被害エリアは地震の規模に対して比較的狭く、その土地の成り立ち、造成の履歴、施工方法などに由来する局所的な問題が大きく影響したと推定されます。

雪氷・地盤研究室では、土地の履歴調査や液状化の可能性判定、液状化対策工の立案などを実施することが可能です。宅地購入、新築購入予定のお客様からのお問い合わせをお待ちしております。